Blogブログ

ユニバーサルカバラ ~マルクト体験談~

皆さま、こんにちは。

今年も蠍座シーズンがやってきましたね。
私の季節です🦂先日、同じく蠍座の友達と「1年間よく頑張りました!」とお互いのお祝いをしてきました。


彼女もアデプトなのですが、彼女のアデプト後の変化は凄まじいものでした。家庭や仕事で、ずっと他人軸になっていたところを自分軸で生きていくために大きくシフトさせていくような1~2年だったなぁとそばで見て感じていました。やっぱり相手の気持ちに応えたいし、情みたいなものもあるので、なかなか今までいたぬるま湯から離れるのってエネルギーがいるし、怖いですよね。
でもそこから「自分の魂の喜びのためだ。えいっ!」とジャンプした彼女、本当に偉いです。さそり座は「死と再生」を表しますが、彼女がどん底から這い上がる様子を見ていると、本当に生きている間に死んで生まれ変わることを繰り返す人たちなのかもしれない、と思いました。

さそり座談義はここまでにして…

さて、今日は私が今年初めて触れた学びについて。それはカバラ(Kabbalah)です。
カバラとは、ユダヤ教の秘儀の教えを発祥としており、口頭伝承されてきたものです。カバラの実践法についての本はたくさんあるものの、カバラの教えそのものについての本はないのだとか。直接教わることしかできないということでしょうかね。

私が学ぶミステリースクールには「ユニバーサル カバラ」というセミナーがあり、そこでは論理とエネルギーのアセンション(次元上昇)を通して、10の異なるエネルギー(セフィロトという天体)から成る「生命の樹」を自分の中にプログラミングしていきます。ざっくり言うと、ごちゃごちゃした頭の中を整理整頓し、自分のいらないセルフイメージを排除し、自分の思い描く人生を自分の手で作り出すことができるようになる学びです。惹かれますよね。スクールで教えているカバラは、宗教や文化、地球という枠にもとらわれないという意味で、「ユニバーサル(普遍的な)カバラ」と呼ばれています。


4回に分けて、下から順にアセンドしていくのですが、私は今10のマルクトから6のティファレトまでアセンドしました。

マルクトにアセンドしてからどんなことが起きたか?(9イエソドー8ホドー7ネツァックー6ティファレトに関しては、まだ数週間しか経っていないのでよくわかりません)
マルクトは王国を表します。そしてすべてが現象化する場所ですので、肉体、お金、仕事、人間関係など、目に見える部分で変化が起きやすいのです。


私は、散々調べた上で絶対に受け取れないと思っていた給付金が、専門家に助けを求めたことで全額受け取れた。幼少期に患った病気の後遺症を治してくれるクリニックを海外で見つけ、自分で全て払おうと考えていたその治療費について親に相談すると、経済的補助をしてくれることになったなど、「豊かさ」そのものを体験することができました。私は人に何かを頼むことが苦手で、何でも自己解決させようとするところがあるのですが、アクションを起こすこと(人に助けを求めること)の大切さを学んだように感じました。また、肉体という点では、今までしたことのなかったセルフケア(カイロで背骨の歪みを矯正、人生初のまつエク、久々のフェイシャルなど)をたくさんしたり、自宅でのヨガを習慣にする、有機野菜を買って食べるものに気を遣うなど、肉体を整える期間でもありました。

さらに、自分のHPがもう着れなくなった服のように「今」の自分が投影されていないことに気付き、メニューの並び替えや写真のアップデートを行い、プロフィールの文言などを一新しました。クラスメイトの中には、人間関係での断捨離が起きた方もいましたよ~。

神秘のカバラー』(ダイアン・フォーチュン著、国書刊行会)には、「消耗したものを放逐し、有効性を失わないでいるものは保持する、一種の宇宙的な濾過器として働くことが「マルクト」特有の美徳なのである。・・・犠牲なくしては何物も手に入らない。」と書かれており、要らんものは捨てないと新しいものも入って来れないということですね!奇しくも4年間愛用したラップトップも壊れてしまい、新調しましたよ。泣

という感じで、順番にセフィロトにアセンドしていくと、それぞれのテーマに沿った出来事が現実で起こり、そこから気付きを得たり、新しい行動を起こしていき、どんどん人生の断捨離をしていくのがカバラ・ジャーニーなんですね。

まだ学びの途中なので、これからどんな変化が起きていくのか楽しみです。

またアップデートします🤓

最後まで読んでいただきありがとうございました。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事