Blogブログ

私的さそり座木星期

こんにちは。

今日は2017年10月10日~2018年11月8日まで木星がさそり座にいたその期間の個人的体験について自分用の記録のような感じで書きたいと思います。

あ、ちなみに私は占星術の専門家でもなく、ちゃんとお勉強したこともありません💦来年学んでみようと考えていますが、今は趣味で知識を身に付けているという感じです。

さて、さそり座とは、「真実」「真理」「本物」を追い求めるサイン。

セクシャルな部分や「変化変容」もテーマになったりしますね。

木星とは、幸運や拡大の星と言われています。

だから今回のさそり座木星期って、社会的には嘘が露呈したり、今まで隠れていたことが公に出たり(Harvey Weinsteinの件、改ざん事件など)、

しかも女性とか性的なテーマ(#metoo運動とか)が多い年じゃなかったですか?

悪いものがどんどん暴かれていく様は、見ていて清々しいほどでした。笑

そして個人的にはどういう年だったかというと、「自分に必要なものを見極める」年だったかもしれません。

2月に会社員を辞め、その後自分のスキルアップとして新しい職場に着くも合わずにすぐ辞め、自分に今一番必要なものとは?

今の自分に合った仕事のスタイルは?何だけは譲れないのか?などをもがきながら探しているような時でした。特に前半はパチンコの玉のように右に行ってはぶつかり、左に行っては跳ね返されの繰り返しのような感じがして不安な時期もありましたが、後半になると徐々に落ち着くべきところに落ち着いた感じがして、必要ないものが削げ落ち、無駄なエネルギーも使わなくなった感じ。

もう1つ大きな動きとして、マインドの変容がありました。

私は太陽星座がさそりなので、占星術家の方に「この時期は出せる物を全部出し切った方がいい。木星がそれをどんどん拡大してくれるから」と言われたので、11月上旬までに自宅サロンを始動させようかなと思っていたのですが、物理的な準備より何よりマインドセットの準備が全く追いついていなかったのです。

「私なんか…」「うまくいくんだろうか」「私より何十年というベテランの人にマッサージしてもらった方がいいに決まっている」「周りからはどう思われる?」などなどネガティブな思考が障害になって、あまりスムーズにサロン準備の行動に移せずいつも先延ばし…

どうにかせねばと思っていたところに、学生時代のスピリチャル好きな友達を通して知った「アデプトプログラム(形而上学の入門プログラム)」、アダムカドモンプログラム、キングソロモンヒーリングを受けたり、背中を押してくれるようなヒーラーやセラピストの先生に出会うべくして出会い、10月頃から「(多くを占めていた)ネガティブな思考」と「光へ向かうポジティブな思考」の割合が逆転するということが起き、「まだ不安なことや問題はあるけども、わたしの人生、全てがうまく行っている」という人生の肯定感がとても強くなってきたのです。あらゆること・もの・人への感謝の気持ちがぶわーっと内から溢れ出るような感覚もありました。

おそらくそこで肝もある程度座ったのか、それからサロンに必要な家具を揃えたり、一気に準備に向かって加速しました。

振り返ると、「この自分を下げるマインド/潜在意識をどうにかしたい」という気持ちをもって行動したところから、木星がいろんな出会いに繋げてくれて変化が拡大し、結果、潜在意識の整理ができたのかなと推測しています✎

外見はあまり変わらないのですが、自分の中の意識改革が大きく、例えるなら「花を咲かすというよりは、土壌をせっせと耕すような」「ロケットを設置して、やっと着火できた。あとは飛ばすだけ」のような1年でした。

いやぁ、これってすごくさそり座的じゃあありませんか。笑

木星=幸運の星というから、てっきりめでたいこと尽くしなのかと思いきや、自分の内側が変容しただけ。でも、実際そこが一番大事。

なぜなら現実を作っているのは潜在意識だからー!

…木星がさそり座からいて座に移る日は、寂しさ、名残惜しさ、感謝の気持ちでいっぱいに( ノД`)

次は木星いて座時期、木星はいて座がホームグラウンドのため、木星の力が大いに発揮される年だそうです!

ちなみにさそり座の人へはこの時期経済面で恩恵を受けられるようです☺

いて座は弓を引いて飛ぶように広がる星座なので、個人的にもいろんな面で弓を飛ばすような年になるのではないかと予感しています。

改めまして、木星、射手ましておめでとうございます!笑

みなさんの2019年も良きものが広がりを見せる1年になりますように。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事